1歳の子供に友達がいない!ママ友0の私がとった打開策とその後の成長

そもそも1歳の子供に友達なんて必要?

nana
nana

成長は子供によって違うとはいえ、1歳の子供なんて協調性はないし、言葉のコミュニケーションもままならないし、そもそも友達なんて必要なの?

 

恥ずかしながら、こう思っていました。
友達は保育園や幼稚園でできるものだと思っていたし、支援センターや公園に子供と二人で行く勇気なんてなかったんです。

それもそのはず。
最近のママ世代は、10代後半〜20代前半か、30代前半〜30代後半のママと、極端に歳が離れているんです。

ただでさえ子供の成長や夫の年収、金銭感覚などが違うもの同士で仲良くなるにはハードルが高いのに、世代まで違うとなると……。

1歳の子供に友達がいない!ママ友0の私がとった打開策

1歳の子供に友達をつくってあげたい、でもママ友いない、支援センターや公園に行く勇気はない。

そんな私がとった打開策は、
夫の同僚の奥さんと仲良くなる方法でした。

1歳の子供に友達がいない!ママ友に同僚の奥さんを選ぶメリット

地元の同級生でもなく、親戚でもなく、支援センターや公園で出会うママでもなく……。
夫の同僚の奥さんと仲良くなって感じたメリットはたくさんあります。

  • 金銭感覚が同じ
  • 会社への愚痴も共有できる
  • お互いの夫の気心が知れている

金銭感覚が同じ

長くお付き合いを続けるうえで金銭感覚って重要だと思いませんか?
お互いの夫が同じ会社に勤めていて、かつ同僚だからこそのメリットだと思います。

会社への愚痴も共有できる

「昨日の帰りめっちゃ遅くなかった?」とか
「さいきん残業多いよね〜」とか。

夫にはなかなか言いにくい会社への愚痴も、同僚の奥さんならちょっとした愚痴としてこぼせます。

お互いの夫の気心が知れている

お互いの夫は普段一緒に仕事してるだけあって、とても仲がいいです。
ママ・パパ・子供が全員初対面よりも、パパ同士が知り合いだと、人見知りにとっては少し心強いはず。

1歳の子供に友達がいない!→一緒に遊ばせたら凄まじく成長した

ここからは少し話が変わります。
ようやくできた友達と一緒に遊んだ娘は、翌日に凄まじい成長を見せてくれました。

具体的には

  • 手を繋げば歩けるようになった
  • 舌を動かして発音するようになった
  • オムツを持ってきてくれるようになった

などなど……。
1歳前まではうつ伏せ、寝返り、お座り、ハイハイなど、成長速度は平均気味だった娘。
しかし、1歳を過ぎてからは他の子供と比べると成長は遅めでした。

伝い歩きはできても一人では歩けない、言葉は「ママ」「パパ」のみ、「○○持ってきて」なんてもちろん通じず。
そんな娘が友達と一緒に遊んだだけでここまで成長するとは、ビックリしました。

1歳の子供に友達がいないなら自分から動いてみるのもアリかも?

人見知りや出不精を言い訳にし、ママ友作りに精を出さなかった私ですが……。
実際に娘を同年代の子供と一緒に遊ばせてみて分かりました。
子供に友達をつくってあげるメリットはものすごく大きい!

次の休日は、重い腰をあげて支援センターに行ってみようかと検討中です。