嫌ならブロック?病みツイは控えろ?Twitterの使い方について私が思うこと。 | 20startmama

嫌ならブロック?病みツイは控えろ?Twitterの使い方について私が思うこと。

雑記

こんにちは、もりあゆ(@20startmama)です。


今回はこんな記事です。
Twitterの使い方について、私が思っていることをまとめます。
おそらく身になる要素は0%です。サララッと読み流してください。

スポンサードサーチ


Twitter内で最近よくある衝突

「Twitterは自由にツイートする場所!嫌ならブロックなりミュートして!」
「Twitterは読む人のことも考えるべき。不快な気持ちになるようなツイートは控えて。」

これらの主張が衝突するところを多く目にします。
今回の記事は、あくまでも私が思っていることをまとめたものですし、絶対に正しいとは言いません。

これらの主張が混在する理由について、少しだけ紐解いてみましょう。

Twitterの使い方は大きく分けて2通り

まず、あなたはTwitterはSNSだと感じますか?
それともSNSではないと感じますか?

TwitterはSNSだと感じる方は、以下の記事を是非読んでみてください。

…はい、読み終わりましたか?OK?

↑の記事を読むと、Twitterには大きく分けて2通りの派閥があり、『SNS派』『マイクロブログ派』が混在しています。

記事内のマイクロブログ派であるいちネット民くんはさすがにいきすぎたマイクロブログ派ですが、記事冒頭でご紹介した「他人が不快になるようなツイートは控えるべき」という主張はマイクロブログ派に通ずるものがあると私は思います。

どちらが正しいとかそういうものは無い

私が考えていることの根本はこれです。
SNS派も、マイクロブログ派もそれぞれ生きてきた世界が違うのだから、どちらが正しくどちらが間違っているとか、そういうものは無いと思います。

ですので、
「お前らの使い方が間違ってるんじゃ!」
と、お互いを罵り合う必要はまったく無いと私は思います。

そもそもTwitterの規約に使い方なんて記載されていませんよね?
色んな使い方があって当たり前です。

まとめる気がないまとめ

少し話はそれますが、私は以前「旦那さんの悪口をツイートしたら後々面倒なことになるし、しないほうがいいよ」とツイートしたことがあります。

燃えました。燃えて当然ですね。

「愚痴はいいけど悪口は人として言っちゃだめなのでは?」と続けました。燃えました。アホです。

このことがきっかけでTwitterは色々な使い方があるのだと勉強になりました。
それと同時に、自分と違う使い方をしている人を責める必要もないということもです。

私:
ただでさえママ垢ってマウンティングやらなんやらでストレス溜まるから、仕方ないっちゃあ仕方ないのかもだけどね。

気楽に行きましょう。気楽に。



人気記事 赤ちゃん本舗出産準備品リストを斬る!本当に必要なもの~産前用品編~